産後にウエイト急増?産後太りの本当の拠り所とは

産後、妊娠前と比べてウェイト増加している、シルエットが元に戻らない、という者は「産後太り」のケー。
産後太りに向かう背景の一つは、ライフサイクルの仕込みです。赤ん坊は大人と違って、安眠は細切れで、オムツや授乳程度、色々注意が必要です。そのため、食事や安眠間が規定でなく変わる事が多くなってしまう。こんな不規則なやりくりが原因で、ボディーに脂肪を溜め込み易くなる。
更にの理由は、分娩によって骨盤に崩れや緩みが生じてしまう事です。ボディーが分娩の確立に入ると、産道を広げる結果、骨盤と恥骨が拡がります。分娩を降りると、開いた骨盤は時間をかけて戻っていきます。但し、骨盤が拡がりすぎてしまって要る、元に舞い戻るのに必要な骨盤周りの筋力が足りない、元のシステムとは違うシステムに戻ってしまった、等の理由で骨盤の崩れや緩みが現れる事があります。骨盤が歪んでいると、器官が下がり、土手腹が生ずるなどといったシルエットの仕込みや、交代の劣化を引き起こしてしまう。これが産後太りに達するのです。